腰痛でお悩みの方

慢性腰痛について

女性のお体の悩みで最も多いものは肩こりですが
男性の場合、お体の悩みで最も多いものは腰痛と言われています。

腰痛には様々な種類があります。
厳密には、腰痛という固有の症状ではなく
医療機関で診断が下る(具体的な症状名がつく)もの以外
全て腰痛という扱いになります。

統計によると腰痛の約85%は原因不明と言われていますが
これは、医療機関でのレントゲン撮影や血液検査において
具体的な異常が見つからなかった腰痛の割合です。

レントゲンや血液検査に異常はなくても
生活習慣や職業習慣の影響で発生する
腰痛は数多く存在します。

なぜ腰痛が発生するの?

慢性腰痛の多くは腸腰筋などの腹筋側の筋力と
深部の固有背筋などの背筋側の筋力が
アンバランスな状態になり

腰椎から股関節にかけての
連動性が失われたことで
発生するものが多いように感じます。

この現象は特に
骨盤の位置が本来あるべき位置よりも前方に突出した
いわゆる『反り腰』の状態になっている方と

腰掛けた際に骨盤が大きく後ろに傾き背中が丸まってしまう
いわゆる『深腰』の状態になっている方に多く見られます。

生活習慣や職業習慣の影響の他に
飲酒や喫煙などの薬物にも腰痛発生リスクがあります。

男女比率で言うと男性の方が腰痛を感じやすいのは
こういった嗜好品の影響も多少あるかもしれません。

二足歩行で歩き、椅子に座って作業する以上
腰部に物理的なストレスがかかることは避けられません。

しかし、骨盤の位置の偏りが
理想的な状態に補正されるだけで
腰の筋肉や関節にかかる負担は最小限になります。

腰痛と肩こりが同時に起こりやすい理由

腰痛でお悩みの方の多くが、肩こりのお悩みも
併せてお持ちになられています。

たとえご自覚がない方でも検査の結果を見ると
首や肩の項目に問題が起きていることが多いです。

これは、
肩こりが発生しやすい姿勢を放置しておくと
首から肩にかけて発生したテンションが
背筋を経由して腰部まで伝達するためと考えられます。

人間は頭部の位置を最優先にして
重心と姿勢を作り出します。
肩こりが発生しやすい姿勢は、腰痛が発生しやすい姿勢の
前段階であるとも言えるでしょう。

慢性腰痛の段階で早めの対応を

慢性腰痛でお悩みと言うことは、
腰部に恒常的なストレスがかかっていると言うことです。

この状態が長期間続くと、器質的疾患と呼ばれる、
整形外科などの医療機関で診断名がつく症状に進行する恐れがあります。

腰椎椎間板ヘルニアも坐骨神経痛も
ある日突然、降って湧いて生まれたものは稀で
最初の段階では単なる慢性腰痛だったと言うケースが大半です。

「もう少しひどくなったらなんとかしよう……」と
先延ばし先延ばしにしても、いつか構造的な限界を迎えます。

仕事や日常生活に支障をきたすような深刻な状態になる前に
慢性腰痛の段階で根本原因の解消を目指しましょう。

042-350-8808

東京都稲城市平尾1丁目29番地7号
アビニヨン102

■受付時間
平日9:00〜13:00 / 15:00〜20:30
土曜 9:00〜15:00

■定休日 水曜・日曜(その他不定休あり)

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP